ウィンドウを閉じる
サン・フルーツ
秋麗Shuurei
熊本県 など
幸水×筑水

秋麗(しゅうれい)は農研機構果樹研究所において、1982年に幸水と筑水を交雑して育成した青梨の品種です。2000年10 月に「秋麗」と命名され、2003年3月に品種登録されました。
青ナシは「二十世紀」が市場のほとんどを占める状況が続いていました。
「二十世紀」の前に収穫できる、食味の優れた青ナシを育成し「秋麗」が誕生しました。
無袋栽培では果皮全体にサビが出ますが、袋掛けして栽培されたものはサビもほとんど出ず綺麗な果実になるようです。
果肉は白く緻密で、柔らかくてジューシ、青なしの中では最も甘く優れた食味と爽やかな香りが特徴です。
「幸水」、「築水」いずれも赤梨ですが、親をたどればどちらも青梨の系統が混ざっているため、青ナシが誕生しても不思議ではないようです。

生産時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                                                                       
  走り     なごり *収穫状況により取り扱いの無い場合もあります。
生産者の紹介
食べごろの見分け方

新鮮なうちにお早めにお召し上がりください。

保存方法

陽のあたらない涼しい場所にて保管してください。

食べ方

冷蔵庫で冷やして(1〜2時間くらいが目安です)お召し上がりください。

ウィンドウを閉じる