ウィンドウを閉じる
サン・フルーツ
あかつきAkatsuki
白桃×白 鳳

品種の「あかつき」は1952年(昭和27年)に、農林水産省の果樹試験場(現在の独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所)において「白桃」と「白鳳」の優良品種同士を交配育成した桃で、1979年に品種登録されました
育成当初は各地の桃産地で試験栽培が行われましたが小玉にしかならなかったため、ほとんどの産地が栽培を断念しました。しかし、福島県が唯一あきらめずに栽培を続け試行錯誤の結果、300gを越える桃を収穫できる栽培技術を考えだし品種登録いたしました。現在、福島県を代表する品種であるとともに全国各地で栽培されるようになりました。
あかつきは緻密な肉質で歯ごたえがあり、甘味の強さが特徴の桃です。
名前の由来は、福島県の「信夫三山暁まいり」にちなんで命名されたとの事です。

生産時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                                                                       
  走り     なごり *収穫状況により取り扱いの無い場合もあります。
食べごろの見分け方

桃特有の芳香がでてきます。ヘタのまわりの青味(薄い緑色)がぬけ、ヘタ回りにも柔らかさを感じるようになってきたら食べ頃です。指先で押すと傷みやすいのでお気をつけください。

保存方法

室温で保管してください。
(陽のあたらない涼しい場所にて保管してください。)

食べ方

冷蔵庫で冷やして(1〜2時間くらいが目安です)軽く水で洗ってお召し上がりください。

ウィンドウを閉じる