ウィンドウを閉じる
サン・フルーツ
タンカンTankan
鹿児島県・沖縄県・宮崎県

原産は中国広東省と言われ、日本では鹿児島県と沖縄県で栽培されています。タンカンの名前の由来は、中国で行商人が桶に入れて売られていたことから、「短桶」(タンカン)の字があてられており、また「桶柑」とも表記されています。
タンカンは、シミや傷が付き易く、でこぼこした表面で見た目は良くありません。果皮は厚みがありますが、手で剥くことが出来ます。皮の表面にナイフやピーラーなどで浅く切り込みを入れてから剥くと剥きやすくなります。
じょうのう膜はとても薄いので、じょうのうごと食べられます。香気のある果実は果汁が多く、甘みが強くしっかりとした酸味もあり、バランスの良い濃厚な味の柑橘です。

生産時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                                                                       
  走り     なごり *収穫状況により取り扱いの無い場合もあります。
生産者の紹介
食べごろの見分け方

新鮮なうちにお早めにお召し上がりください。酸味が強く感じる場合は、常温の涼しい場所で数日保管いただきますと酸味が和らいできます。

保存方法

陽のあたらない涼しい場所にて保管してください。

食べ方

皮が剥きづらいので、ナイフでカットしてお召し上がりください。

ウィンドウを閉じる