ウィンドウを閉じる
サン・フルーツ
ル レクチエLe Lectier
新潟県 など
バートレット×フェルチュネ

フランスで交配して作られた品種です。1889年(明治22年)に17世紀の果樹園芸家“ルレクチェ氏”にちなんで命名されました。日本へは1903年(明治36年)頃、新潟県に導入され、美しい外観と芳醇な香り、とろけるような食感と上品な甘さで『西洋梨の貴婦人』と呼ばれています。また、栽培が難しいために生産量が少なく、「幻の洋梨」とも言われています。

ル レクチエの主な産地である新潟県において「ル レクチエ」という名称で統一することが決められています。
ル・レクチエ、ル レクチェという表記も見られますが、サン・フルーツでは新潟県の「ル レクチエ」という名称を用いています。

生産時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                                                                       
  走り     なごり *収穫状況により取り扱いの無い場合もあります。
生産者の紹介
食べごろの見分け方

追熟が必要なフルーツです。
追熟すると、気品ある甘い芳香を放ち、熟したバナナのような黄色に変身します。
果皮に青みが残るものは室温に数日おいて、食べごろを待ってお召し上がりください。

保存方法

陽のあたらない涼しい場所にて保管してください。

食べ方

冷蔵庫で軽く冷やして(1〜2時間くらいが目安です)お召し上がりください。

ウィンドウを閉じる