ウィンドウを閉じる
サン・フルーツ
平核無(ひらたねなし)Hiratanenashi〈渋抜き〉
新潟県・山形県・奈良県・和歌山県 など

平核無柿(ひらたねなしがき)は、明治時代に、山形県鶴岡町の農家が、新潟県の苗木商から仕入れた苗木の中に、もともと種が出来ない品種が混じっていたのを育成したものが山形県の庄内地方で「庄内柿」として広がっていったとされています。今では、「庄内柿」(平核無柿)の元の原木が新潟県新津市の川津栄三郎氏の宅地内で発見され、昭和37年に「八珍柿」の原木として新潟県文化財に指定されています。
*「八珍柿」とは、越後国(現在の新潟県)に伝わる珍しいことがらを七つ集めた「越後七不思議」と称し、種の無い珍しい柿が、次の八番目の珍、という意味で付けられた名称だそうです。

新潟では「八珍」と呼ばれ、山形では「庄内柿」佐渡で「おけさ柿」とも呼ばれています。多汁で柔らかく、甘味の強い種なしの品種です。

生産時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                                                                       
  走り     なごり *収穫状況により取り扱いの無い場合もあります。
生産者の紹介
食べごろの見分け方

新鮮なうちにお早めにお召し上がりください。

保存方法

陽のあたらない涼しい場所にて保管してください。

ウィンドウを閉じる