ウィンドウを閉じる
サン・フルーツ
花御所Hanagosyo〈甘柿〉
鳥取県因幡地方

花御所柿は、鳥取県東部の因幡地方でのみ栽培される甘柿で、鳥取県八頭郡八頭町(旧:郡家町大字花)の農民・野田五郎助翁が大和の国から穂木を持ち帰り、庭先に接木したのが原木と言われています。当時は五郎助柿と呼ばれていましたが、明治42年に農林省園芸試験場長の恩田鉄弥博士がその風味を激賞し、地名をとって「花御所」と命名されました。
果肉(繊維)がとても細かいため柔らかく、溢れんばかりの果汁が特徴です。

生産時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                                                                       
  走り     なごり *収穫状況により取り扱いの無い場合もあります。
生産者の紹介
食べごろの見分け方

柿全体が赤く色付きソフトな感触に感触になってからが食べごろです。
硬いうちは「ヘタのまわり」に渋みが残る特性がありますのでご注意下さい。

保存方法

陽のあたらない涼しい場所にて保管してください。

ウィンドウを閉じる