ウィンドウを閉じる
サン・フルーツ
日向夏Hyuganatsu
宮崎県

宮崎市の真方安太郎宅で発見され、1887年(明治20年)に命名されました。その後宮崎県の特産品となり、現在では各地で栽培がおこなわれ、栽培地独自の名前が付けられ出回っています。(別名:ニューサマーオレンジ・土佐小夏など)。親は不明ですが、独特の風味から柚子の血を引いているものと言われています。
果肉、果汁は清々しい酸味があり、外皮と果肉の間の白い内果皮(アルベド)にほんのりと甘味があり、外皮をりんごの皮を剥くように白い内果皮を残して薄く剥き、この白い内果皮と果肉を一緒に食べる独特の食べ方を楽しむ柑橘です。

生産時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                                                                       
  走り     なごり *収穫状況により取り扱いの無い場合もあります。
生産者の紹介
食べごろの見分け方

新鮮なうちにお早めにお召し上がりください。酸味が強く感じる場合は、常温の涼しい場所で数日保管いただきますと酸味が和らいできます。

保存方法

陽のあたらない涼しい場所にて保管してください。

食べ方

ナイフでリンゴの皮を剥くように、日向夏の白い部分を残して皮をむき、カットして白い部分も一緒に食べるのが一般的です。

ウィンドウを閉じる