ウィンドウを閉じる
サン・フルーツ
伊予柑Iyokan
愛媛県
みかん類×オレンジ類の自然雑種

明治19年に山口県で発見された後、愛媛県松山市で栽培された品種。「伊予の国」ということから、「伊予柑」と名付けられました。果皮はむきやすく、果汁が豊富で甘酸のバランスがとれています。

生産時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                                                                       
  走り     なごり *収穫状況により取り扱いの無い場合もあります。
生産者の紹介
食べごろの見分け方

新鮮なうちにお早めにお召し上がりください。酸味が強く感じる場合は、常温の涼しい場所で数日保管いただきますと酸味が和らいできます。

保存方法

陽のあたらない涼しい場所にて保管してください。

食べ方

そのまま手で皮を剥いてお召し上がりください。

ウィンドウを閉じる